任意整理におけるメリットとデメリット

【任意整理のメリット】
1,相手(金融機関、闇金)との交渉手続きがシンプル
   原則として相手との交渉は弁護士もしくは司法書士が行います。
   もちろん債務者本人でも良いのですが借りた相手との減額交渉ですからやり難く、
   金融のプロ相手では歯が立たない。

2,裁判所を介しての手続きではありません
   裁判所を介さなければ出来ない自己破産・個人再生は裁判所に必要な書類を提出しなければなりません。
   しかし、任意整理では債務者かその代理人(弁護士、司法書士)と債権者との減額交渉を行いますので多種の書類を準備する必要はありません。

3,減額交渉する金融機関やクレジットカードを選別し除外することができる
   自己破産・個人再生では債務者が利用している金融機関の全てを整理対象としなければいけませんが、任意整理では債務者が整理する債権者を選ぶことが可能です。
     
   ただし任意整理の対象としなかった債権者でも利用者の信用情報を定期的にチェックしているクレジットカード会社であれば使えなくなる場合もあります。
   債権者の中には、利用者の信用情報を定期的にチェックしている会社もあります。
   
4,職業制限がない
   自己破産の場合は一定期間において警備員・保険外交員等の職業には就くことができませんが、任意整理ではこのような制限はありません。

【任意整理のデリット】
1,返済額が他の整理方法に比べて多くなりやすい
   ちなみに自己破産では返済額は0円になり、個人再生では最低100万円以上の返済が必要となります。
   任意整理ではこれまで返済した総金額を最低利息に引き直し、その残額を毎月返済することになるので、結果的に返済額が最も多くなります。

2,返済期間が最も長い
   任意整理による返済期間は3年~5年が一般的です。なお個人再生は原則3年となります。

3,金融機関が任意整理に応じない
   金融機関によっては任意整理の呼びかけに応じない場合があります。応じるか否かは債権者である金融機関の判断で強制できません。
   闇金問題も同様です。

債務整理はバレるか?

借金減額をするには債務整理をするとブラックリストに掲載されて、もう永久に借りれなくなりマイホームや車も購入できなくなり、行く先子供の奨学金の連帯保証人にもなれないと気に掛かっているさる方も多くいらっしゃいます。

現実的には、そんな心配は必要ありません。
債務整理を弁護士に依頼した場合、弁護士から金融業者に受任通知というものを送付するのですが、その文中には『ここからは本人に直接連絡をとらないで、債務者の代理人になった弁護士である私に連絡してください。』という内容が書かれています。

そんな訳で、弁護士に依頼すると、金融業者は直接債務者に連絡をとることが禁止されるので、それまで引き起こされてきていた督促の電話が中断します。

また、よく聞くブラックリストというのは金融業者間の信用情報共有機関で、これは基本的に情報の共有のためのものです。

これに債務整理に関する情報が記録されたからといって、それ自体で何かしらペナルティが発生するといったものではありません。

あくまでも、各金融業者が貸し出しの際に参考にするための情報共有であり、収入及び所有不動産などの、融資審査の参考にされる情報の一例にすぎないのです。

借金を夫や女子会仲間にばれたくない! 

債務整理には、「任意整理」「民事再生」「自己破産」の3つの方法があります。

任意整理の場合では、弁護士がカード会社や貸金業者などと交渉して、月々無理なく返せる額で分割返済の和解をします。
これは実質的には借金減額になりますので弁護士に相談することをおすすめします。

そのようなケースですと、月々の返済資金をやりくりできるのなら、夫には極秘裏に債務整理を行うことも可能です。当然、女子会仲間にバレることもありません。

「民事再生」や「自己破産」のケースでは、家計や同居人資料を差し出す必要があるので、夫に隠し通すのは出来ないでしょう。ただ、この場合でも、法的整理するは原則として借金した本人の問題ですから、夫や子供に取り立てが生じることはなく、心配はありません。

キャッシングの利便性と注意点

私はかつてキャッシングの返済で非常に苦しい思いをしたことがあります。

一人暮らしで生活の余裕がないにもかかわらず服を買ったり、旅行に行ったりして手持金が底をつきキャッシングを利用しました。

一時しのぎのつもりだったのですが、ズルズルと借り増しをして、借入金の元金を減らすめどが立たなくなりました。ある時、これはいけないと考え、家族全員からお金を借りて全額を一括完済しました。

サラ金はテレビなど、マスコミの影響もあり、良い印象はありませんでしたが金融会社の撤退や倒産の報道がないのは、どんな高金利であってもサラ金にすがるしか道のない人がたくさんいるからでしょう。

法定金利で利用できるキャッシング業者は、貸付の審査を通ることが年々難しくなり、代わりに闇金業者が幅をきかせるようになりました。
事故歴がある人や多重債務者のたどり着く先は闇金しかないのが実情ですね。
しかし、いったん闇金業者を利用したら最後、自分一人で抜け出すことは出来なくなってしまいます。
Read more

浮気と借金の関係

まず探偵について見てみるならば、怪しむ人のないように警戒を怠ることなく粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、先に自分の所属を明かして表立ってリサーチを行うようです。すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、一方、興信所は情報を集めることが上手だと結論できそうです。
Read more