任意整理におけるメリットとデメリット

【任意整理のメリット】
1,相手(金融機関、闇金)との交渉手続きがシンプル
   原則として相手との交渉は弁護士もしくは司法書士が行います。
   もちろん債務者本人でも良いのですが借りた相手との減額交渉ですからやり難く、
   金融のプロ相手では歯が立たない。

2,裁判所を介しての手続きではありません
   裁判所を介さなければ出来ない自己破産・個人再生は裁判所に必要な書類を提出しなければなりません。
   しかし、任意整理では債務者かその代理人(弁護士、司法書士)と債権者との減額交渉を行いますので多種の書類を準備する必要はありません。

3,減額交渉する金融機関やクレジットカードを選別し除外することができる
   自己破産・個人再生では債務者が利用している金融機関の全てを整理対象としなければいけませんが、任意整理では債務者が整理する債権者を選ぶことが可能です。
     
   ただし任意整理の対象としなかった債権者でも利用者の信用情報を定期的にチェックしているクレジットカード会社であれば使えなくなる場合もあります。
   債権者の中には、利用者の信用情報を定期的にチェックしている会社もあります。
   
4,職業制限がない
   自己破産の場合は一定期間において警備員・保険外交員等の職業には就くことができませんが、任意整理ではこのような制限はありません。

【任意整理のデリット】
1,返済額が他の整理方法に比べて多くなりやすい
   ちなみに自己破産では返済額は0円になり、個人再生では最低100万円以上の返済が必要となります。
   任意整理ではこれまで返済した総金額を最低利息に引き直し、その残額を毎月返済することになるので、結果的に返済額が最も多くなります。

2,返済期間が最も長い
   任意整理による返済期間は3年~5年が一般的です。なお個人再生は原則3年となります。

3,金融機関が任意整理に応じない
   金融機関によっては任意整理の呼びかけに応じない場合があります。応じるか否かは債権者である金融機関の判断で強制できません。
   闇金問題も同様です。

大事な車を守るために災害の前に考える駐車場の適地

8月が終わり、日本では本格的な台風シーズンに突入しています。

そんな時に頭をよぎるのが身の安全と所有財産のことです。
財産と言えば不動産が一般駅ですが、そのひとつに自動車があります。

家や土地などと違って車は動産ですから、台風が到来した時、どこに駐車していたかで被害の有無が分かれます。

台風が接近してきたら…愛車をどこに駐車させとくべきでしょうか?

自治体が定める「臨時駐車場」の情報を把握しましょう。

まず、車を傷つけるリスクをなくすために。屋外に駐車している場合、いかなる環境でも「車の近くに、樹木や植木鉢など倒れやすいもの、プラスチック、トタンなどの風で飛ぶ恐れがあるものが無いか確認する。

また、車が浸水する恐れがないかを確認することも重要です。駐車している場所の土地が低く、水に浸かる懸念があるなら、事前に高台の駐車場に移しておくのが望ましいです。

自治体によっては商業施設などの立体駐車場を『臨時駐車場』と定め、災害時に開放しているところもありますので、いざという時に利用できるように情報収集をしておくとよいでしょう。

カーポートなど屋根付き駐車場を利用している場合は、屋根が風であおられて飛んだり、落下したりしないよう、ロープを使って固定する対策が重要です。

なにより大切なのは早め早めに、より安全な駐車場に車を移すことです。

屋内に駐車していても、完全に安全なところはありません。
例えガレージの中でも、窓やシャッターが風で飛ばされる恐れがあります。

マンションの地下駐車場に停めている場合も、屋外駐車と同様、浸水の危険性があるので立体駐車場に移動しておくと、より安心です。

自治体が臨時駐車場を用意していない場合には有料でも立体駐車場へ停めた方がよいでしょう。
なぜなら車が破損した場合の修理費と比べればはるかに安いのですから。

有料駐車場を探すにはこれらの条件を十分に加味することが大事です。

貸金業者への規制とその結果

闇金業者現行の貸金業法は、消費者金融を代表とするノンバンクと呼ばれる貸金業者が営む業務について定めた法律で平成22年6月18日に完全施行されました。

内容としては、貸金業者の認可に関すること、借用書などの種類と内容、取り立て行為の規制、貸出金利の規制など多岐に渡ります。

この時に、出資法の上限金利を29.2%から20.0%へ引き下げられ、グレーゾーン金利は事実上廃止となり、それまで利用されていた過剰な貸付競争に対しては総量規制が導入され法律の網が掛けられました。

その結果、法律を超えて支払われていた分、いわゆる利息制限法に違反した利息部分を取り戻す「過払い金請求」事案が多発し、倒産する貸金業者が発生するようになりました。

また、収益をを失った貸金業者の中には高収益を得られるヤミ金業転身する状況となり、システム金融や手形、小切手金融と呼ばれる手法などが資金繰りに苦しむ中小企業の主な資金調達の方法となりました。

貸金業法により規制がかかったことで皮肉にもヤミ金業者を増大させたことになりました。
その結果、全国各地で頻発した「過払い金請求事案」により、得をしたのはヤミ金業者と債務整理に対応した弁護士や司法書士でした。

闇金被害に遭われた方にとっては怒り心頭でしょう。

それでも、今の状況を1日でも早く脱しなければなりません。
方法は幾つか考えられますが、現実的なものとしたらヤミ金業者をよく知る専門家(弁護士・司法書士)に依頼するのが一番安心、確実だといえます。

闇金融からの嫌がらせから逃れる方法

闇金被害につてい次のような質問がありました。

ここから~
闇金被害 相談闇金融から金と借りましたが、返済が遅れてしまいました。

その結果、闇金業者からの電話を妻の実家や妻の職場に嫌がらせの電話が入るようになりました。

一家離散寸前と言うか離散です。

何とか妻の実家や職場に電話をさせないようにするには、どうしたらよろしいでしょうか?

また、警察(交番)に相談したところ、被害(脅迫・拉致)がない限り動けないと言われました。

大変困ってます。 アドバイスありましたらよろしくお願いします。
~ここまで

この様な質問は大変多くあります。
違法であっても借りたものだから全額返済すれば簡単ですが闇金の金利は半端ありませんから完済することは無理でしょうし、完済させないのが闇金の流儀です。

では、どうすれば良いかといえば4択の中から選ぶことになります。

1、一家総出で夜逃げする
ただし、子供がいる家庭では役所などの手続き上、住所の登録が不可欠ですので移転先がバレる場合もあります。
また、闇金から十数年は逃げ回ることを覚悟しなければなりません。

2、公的機関(法テラス、弁護士協会、消費者相談窓口、貸金業協会)に相談し解決方法を探る。

ただし、実際の解決では弁護士か司法書士が闇金融との対応に当たりますので有料となる場合が多いです。

3、上記を踏まえて直接に弁護士なり司法書士事務所へ相談し、解決を依頼する。

この場合のメリットとしては、
・解決が速い(早ければ1日後でも可)
・将来も後腐れがない
デメリットとしては、
・有料である(闇金1件あたり5万円前後)
ただし、電話・メール相談だけなら無料の場合が多いです。

以上のことから3の弁護士か司法書士事務所にまずは無料相談をされることがベストだと思います。
詳しいことはコチラのサイトからも分かりますよ。

闇金被害の原因である多重債務から抜け出せ

闇金被害の相談借金をする際には、自分の返済能力をしっかりと考慮することが大事です。

しかし、多くの人が返せるだろうという過信に基づき、最終的には返済できないほど高額の借金を背負うことになります。

様々な金融機関から融資を受けるようになると、だんだんと他の機関からの融資が受けられなくなってしまいます。
そうなった時に借金をする人たちが頼るのが、闇金です。

闇金からお金を借りてしまうと、後から取り立てなどが酷く精神的にもまいってしまうことがあるので大変なことになります。
このような状況に陥ってしまった場合は、一人で悩まずに弁護士などの法律家のもとに行くことが重要です。

弁護士に相談をすることで、借金を減らしたり帳消しにすることができる債務整理という手続きをすることができます。

この手続きによって、多くの人が今までに借金地獄から逃れています。

自分が借金を抱えていることを他人に言うのは勇気がいることです。しかし、自分の情報が外部に漏れることはないので、安心して相談をすることができます。

最近では無料相談会も開催されているので、より多くの人が債務整理に手を出しやすくなっている状態です。
“借金してしまう人の中には、闇金だと分からずに借金してしまうケースが意外と多いのですが、気付いた時には大変な金額になっている事もあります。

まずは本人が悪質な闇金だと気付かなければいけませんが、悪質だと気付いたら、法律上、そのお金は返済する必要がありません。
脅されて返してしまわないように、すぐに相談することです。

オススメの相談先は、闇金被害を専門的に扱っている弁護士や司法書士が設置している闇金被害の相談窓口が無料ですから良いでしょう。