闇金被害の原因である多重債務から抜け出せ

闇金被害の相談借金をする際には、自分の返済能力をしっかりと考慮することが大事です。

しかし、多くの人が返せるだろうという過信に基づき、最終的には返済できないほど高額の借金を背負うことになります。

様々な金融機関から融資を受けるようになると、だんだんと他の機関からの融資が受けられなくなってしまいます。
そうなった時に借金をする人たちが頼るのが、闇金です。

闇金からお金を借りてしまうと、後から取り立てなどが酷く精神的にもまいってしまうことがあるので大変なことになります。
このような状況に陥ってしまった場合は、一人で悩まずに弁護士などの法律家のもとに行くことが重要です。

弁護士に相談をすることで、借金を減らしたり帳消しにすることができる債務整理という手続きをすることができます。

この手続きによって、多くの人が今までに借金地獄から逃れています。

自分が借金を抱えていることを他人に言うのは勇気がいることです。しかし、自分の情報が外部に漏れることはないので、安心して相談をすることができます。

最近では無料相談会も開催されているので、より多くの人が債務整理に手を出しやすくなっている状態です。
“借金してしまう人の中には、闇金だと分からずに借金してしまうケースが意外と多いのですが、気付いた時には大変な金額になっている事もあります。

まずは本人が悪質な闇金だと気付かなければいけませんが、悪質だと気付いたら、法律上、そのお金は返済する必要がありません。
脅されて返してしまわないように、すぐに相談することです。

オススメの相談先は、闇金被害を専門的に扱っている弁護士や司法書士が設置している闇金被害の相談窓口が無料ですから良いでしょう。

債務整理はバレるか?

借金減額をするには債務整理をするとブラックリストに掲載されて、もう永久に借りれなくなりマイホームや車も購入できなくなり、行く先子供の奨学金の連帯保証人にもなれないと気に掛かっているさる方も多くいらっしゃいます。

現実的には、そんな心配は必要ありません。
債務整理を弁護士に依頼した場合、弁護士から金融業者に受任通知というものを送付するのですが、その文中には『ここからは本人に直接連絡をとらないで、債務者の代理人になった弁護士である私に連絡してください。』という内容が書かれています。

そんな訳で、弁護士に依頼すると、金融業者は直接債務者に連絡をとることが禁止されるので、それまで引き起こされてきていた督促の電話が中断します。

また、よく聞くブラックリストというのは金融業者間の信用情報共有機関で、これは基本的に情報の共有のためのものです。

これに債務整理に関する情報が記録されたからといって、それ自体で何かしらペナルティが発生するといったものではありません。

あくまでも、各金融業者が貸し出しの際に参考にするための情報共有であり、収入及び所有不動産などの、融資審査の参考にされる情報の一例にすぎないのです。

借金を夫や女子会仲間にばれたくない! 

債務整理には、「任意整理」「民事再生」「自己破産」の3つの方法があります。

任意整理の場合では、弁護士がカード会社や貸金業者などと交渉して、月々無理なく返せる額で分割返済の和解をします。
これは実質的には借金減額になりますので弁護士に相談することをおすすめします。

そのようなケースですと、月々の返済資金をやりくりできるのなら、夫には極秘裏に債務整理を行うことも可能です。当然、女子会仲間にバレることもありません。

「民事再生」や「自己破産」のケースでは、家計や同居人資料を差し出す必要があるので、夫に隠し通すのは出来ないでしょう。ただ、この場合でも、法的整理するは原則として借金した本人の問題ですから、夫や子供に取り立てが生じることはなく、心配はありません。

債務整理を決断するとき

相変わらず、債務整理を行って借金を整理する人も多いようです。

増えすぎた利息の重荷からは解放されますが、ブラックリストに名前が載り、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるというデメリットがあることを忘れてはいけません。

さて、ここで知りたいのはアパートやマンションの賃貸契約など、住まいに関する契約にも影響が出るのかどうかということでしょう。調べてみると、契約不可のところもありますが、それほど数は多くないようです。
どこでも選べるというわけではないのですが、どこかで借りられることは確実ですから、不安に思わなくても大丈夫でしょう。任意整理の場合、債務の一部を清算することになりますが、任意整理以外の債務整理を選んだ場合は、全ての債権者に対する手続きをしなければなりません。
Read more

キャッシングの利便性と注意点

私はかつてキャッシングの返済で非常に苦しい思いをしたことがあります。

一人暮らしで生活の余裕がないにもかかわらず服を買ったり、旅行に行ったりして手持金が底をつきキャッシングを利用しました。

一時しのぎのつもりだったのですが、ズルズルと借り増しをして、借入金の元金を減らすめどが立たなくなりました。ある時、これはいけないと考え、家族全員からお金を借りて全額を一括完済しました。

サラ金はテレビなど、マスコミの影響もあり、良い印象はありませんでしたが金融会社の撤退や倒産の報道がないのは、どんな高金利であってもサラ金にすがるしか道のない人がたくさんいるからでしょう。

法定金利で利用できるキャッシング業者は、貸付の審査を通ることが年々難しくなり、代わりに闇金業者が幅をきかせるようになりました。
事故歴がある人や多重債務者のたどり着く先は闇金しかないのが実情ですね。
しかし、いったん闇金業者を利用したら最後、自分一人で抜け出すことは出来なくなってしまいます。
Read more